『山脇正俊 帰国日程 2018 [2]』
全日程:2018年11月07日〜30日

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
11月07日(水)〜13日(火)
*11/07〜08:近自然森づくりセミナー(早来山林 三菱マテリアル)
*11/09〜10:かわまちづくりシンポジウム(平取町)
*11/13:近自然まちづくりセミナー(東川町)
*他、調整中


『山脇正俊 帰国日程 2018』
全日程:2018年05月22日〜07月31日

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.9』
ロルフ・シュトリッカー氏と『近自然森づくり』を学ぶ
05月22日(火)〜06月18日(月)
* 05/26:近自然森づくり WS(岐阜県 飛騨高山高校)
* 05/28〜30:近自然森づくり WS(岐阜県 飛騨市)
* 06/02:近自然森づくり WS(岐阜県 郡上市 石徹白)
* 06/04:近自然森づくり WS(長野県 大町 荒山林業)
* 06/06:近自然森づくり WS(新潟県 越後湯沢)
* 06/09:近自然森づくり WS(奈良県 十津川)

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
06月27日(水)〜29日(金)
*06/27:近自然学セミナー(札幌市 三菱マテリアル)
*06/28:近自然学セミナー(札幌市 鴨々堂)
*06/29:近自然学セミナー(池田町)


『山脇正俊 帰国日程 2017 [2]』
全日程:2017年10月10日〜13日

『スイス・フォレスター養成校 校長アラン・コッハー氏 招聘』
『近自然森づくり』の人材教育について学ぶ
奈良県による招聘
(クローズなプログラムで外部からの参加はできません)


『山脇正俊 帰国日程 2017 [1]』
全日程:2017年05月22日〜08月03日

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.8』
ロルフ・シュトリッカー氏と『近自然森づくり』を学ぶ
06月20日(火)〜07月20日(木)

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
07月22日(土)〜29(土)
*07/22(土)〜23(日):島牧村100年未来計画会議(島牧)
*07/24(月)〜25(火):猿払で農業/酪農を考える(猿払)
*07/26(水)〜27(木):近自然学セミナー(東川)
*07/27(木) 18:00〜:近自然のエネルギー・システムとは(札幌)
*07/29(土):近自然森づくりセミナー(平取)

『近自然森づくり 奈良ステージ』
08月01日(月)〜02(火)
*スイス・フォレスター養成校(リース校)の実習生を迎えて


『山脇正俊 帰国日程 2016』
全日程:2016年05月16日〜07月31日

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.7』
ロルフ・シュトリッカー氏と『近自然森づくり』を学ぶ
05月16日(月)〜06月01日(水)
*05/16(月)〜18(水):近自然森づくり WS&セミナー(愛知県 豊田市)
*05/19(木):近自然森づくり WS(広島県吉和市もみのき森林公園)
*05/20(金):近自然森づくり WS&トークセッション(広島県甲奴市)
* 05/23(月)〜25(水): 近自然森づくり WS(岐阜県 高山市)
*05/26(木)〜27(金):近自然森づくり WS(岐阜県 飛騨市)
*05/28(土)午前:近自然森づくり WS(飛騨高山高校演習林)
*05/28(土)午後:近自然シンポジウム in 飛騨(飛騨市)
*05/30(月)〜06/01(水):近自然森づくり WS&セミナー(富山県 利賀市)

『近自然学セミナー 岩手ステージ』
06月19日(日)
*環境パートナーシップいわて 近自然学セミナー(盛岡市)

『近自然学セミナー 埼玉ステージ』
06月28(火)
*近自然学講演会(埼玉県和光市 理化学研究所)

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
07月08日(金)〜18(月)
*07/08(金)〜10(日):島牧村100年未来計画会議(島牧村)
*07/14(木):北海道科学大学 公開特別講義(札幌)
申込み:chiikiアットマークhus.ac.jp(氏名、住所、電話番号、「人間の豊かさの持続戦略、近自然学入門」出席希望と記入)
*07/16(土):『川村カネト アイヌ記念館』100周年記念近自然学セミナー(旭川)
*07/17(日)〜18(月):近自然学セミナー(占冠)

『近自然学セミナー 佐渡ステージ』
07月25日(月)〜31日(日)
*07/25(月)〜29(金):近自然学講義&演習(伝統文化と環境福祉の専門学校)
*07/30(土)〜31(日):近自然学WS & 講演会(名古屋大学名誉教授 林良嗣氏と)


元ベルン州上級フォレスター ヴァルター・マルティ氏と
『近自然森づくり』奈良ステージ

全日程:2016年02月14日〜23日
〜日本でも有名なスイス ベルン州 エメンタールの元責任者を日本へ招聘〜

*02/16(火)13:30〜16:00 近自然森づくり 公開シンポジウム
(桜井市 アルボール・ホール)
*02/18(木):近自然森づくり WS&セミナー(宇陀曽爾村)
*02/20(土):近自然森づくり WS&セミナー(川上村)
*02/22(月): 近自然森づくり 行政向けWS(奈良市)
 

『山脇正俊 帰国日程 2015』
全日程:2015年05月18日〜08月05日

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
05月21日(木)〜23日(土)
*05/21(木)13:00-14:30:北海道科学大学 公開特別講義(札幌)
(申込み)電話:011-676-8664(ダイヤルイン) 、メール:chiikiアットマークhus.ac.jp
*05/23(土) 15:00-17:30:宮島 エネルギー・セミナー(札幌)
〜『近自然』と再生エネルギーについて徹底的に語ろう〜
古民家ギャラリー「鴨々堂」

『近自然学セミナー 豊田ステージ』
06月03日(水)〜04日(木)
*06/03(水):現地視察
*06/04(木) 18:00〜:近自然学講演会(豊田 名鉄トヨタホテル7F)
〜トヨタ新テストコース建設と『近自然』について〜
主催:バイオフィット研究会豊田支部
オープンな講演会ですので、どなたでも参加できます(参加無料)

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.6』
06月16日(火)〜30日(火)
*06/16(火)〜22(月):近自然森づくり WS&セミナー(奈良県)
*06/24(水)〜25(木):近自然森づくり WS&セミナー(岐阜県 飛騨)
* 06/28(日)午前:高山高校ワークショップ(岐阜県 高山)
*06/28(日)〜30(火):近自然森づくり WS&セミナー(岐阜県 高山)

『近自然学セミナー 東京ステージ1』
* 07/11(土)15:30〜17:30:「近自然森づくり座談会』
東京 虎ノ門 升本ビル 会議室

『近自然学セミナー 東京ステージ2』
* 07/24(金)13:30〜17:00:「レジリエンスの未来」共創フォーラム(大手町)
=”しなやかな企業”をまちづくりから学ぶ=
会場:日本ビル6F(662区) [3x3Labo]
東京都 千代田区 大手町 2-6-2
主催:大成建設
共催:企業間フューチャーセンター、エコッツェリア協会
定員:60名

『近自然学セミナー 佐渡ステージ』
07月27日(月)〜31日(金)
*SADO専門学校 近自然学講義 & 演習

『近自然オフ会 in 東京』
*08/02(火)18:00〜:長谷川明子さんを交えて東京都内で
東京駅 丸の内口 丸ビル 5F 「小岩井フレミナール」
 

スイス・グリーン・フォレスター ロルフ・シュトリッカー氏と
『近自然森づくり』日本ツアー Vol.6

全日程:2015年06月16日〜30日
〜合理的で分かり易いスイス式の『近自然森づくり』を体験しよう〜

*06/16(火)〜22(月):近自然森づくり WS&セミナー(奈良県)予定
*06/24(水)〜25(木):近自然森づくり WS&セミナー(岐阜県 飛騨)予定
*06/28(日)〜30(火):近自然森づくり WS&セミナー(岐阜県 高山)予定
*日時未定:高山高校ワークショップ(岐阜県 高山)予定

豊かさと環境の両立を目指す『近自然学』にとって、太陽エネルギーの有効利用はとても重要だ。特にバイオマス(生物資源)、それも森林の有効利用は死活問題と言える。森林は資源とエネルギー源だけではなく、我々にとっての安全性の要、心の故郷であり、さらに多くの生き物たちの生活基盤でもある。近自然学でも新しい森林管理&林業経営である『近自然森づくり』と『陽光林化』を提唱している(http://kinshizen.jp/homepage/kinshizen-jp.html 参照)。

日本は総面積の約2/3が森林にもかかわらず世界一の木材輸入国で、国内の林業は壊滅状態に近い。それは多量の輸入材のために日本国内での木材価格が低過ぎて、手入れや伐採経費のかさむ急峻地の多い日本では林業が成立し得ないからだ。実はスイスも日本と状況が似ている。いや、日本よりさらに厳しいと言えよう。日本以上に急峻で、人件費は世界一高く(日本の2倍)、しかも木材価格は物によっては日本より低い。スイスの環境法は世界一厳しく、さらに林業に対する補助金は全廃された。そんなスイスでの森林管理/林業経営は近年大きな転換期を迎えている。

1980年代以降スイスの森林は林業の対象というより、防災(洪水、雪崩、山崩れなど)と並んで、エコロジー(生物多様性)とリクリエーション(森林内遊歩道の散歩)の面が強調された。しかし、森林経営が経済的に立ち行かないと、森林管理も持続し得ない。つまりエコロジーとエコノミーは一体なのだ。これこそが近自然学の求めるものであり、ようやく森林管理/林業経営にも近自然学が活躍できる下地が整ってきたと言えよう。

今、スイスの森林管理では(大規模な公有林を除いて)市町村の公務員であるフォレスター(国家資格を持つ森林管理官)が多くの森林所有者の代わりに一括してコーディネートする。昔ながらの林業主体の考え方のフォレスターが多い中、エコロジーやリクリエーションや防災など様々な要素を並立させようという新しいムーヴメントが広がりつつあるる。それが『近自然森づくり』だ。そんな新しい森林管理を強力に推し進めるフォレスターの1人が、チューリッヒ州のフォレスター仲間から『グリーン・フォレスター』と呼ばれる、ロルフ・シュトリッカー氏(プロフィール:http://kinshizen.jp/homepage/rolf_stricker-jp.html)だ。

上手く機能しない日本の古い林業経営を見直し、新しい森林管理を確立するために、彼の20年間の試行錯誤の経験とノウハウを活用したい。そんな呼びかけに応じたのが、北海道工業大学教授 岡村俊邦氏と東京に本社を持つ総合農林社長の佐藤浩行氏だ。総合農林の管理地は全国で10,000haを超える。モデル事業として、まずこの会社の森林管理を新しい時代の要求に合った近自然に体質改善し、同時に林業経営を健全化したい。ひとつの成功例を作ることが、日本全体の森林管理や林業経営を変えるきっかけになるに違いない。

2011年03月には、岡村氏、佐藤氏、山脇などが中心となって『近自然森づくり研究会』が発足した。近自然森づくりには正規の教育を受けたフォレスターの果たす役割が大きい。むしろフォレスターによって成否が決まると言っても良い。このフォレスターは、現場の木々の1本ずつを知り尽くし、どの木をどう育てるのが有利で、現場と市場との関係からどの木をいつどのように伐って誰に売れば利益が大きくなり、どのような森林管理をすれば林業経営と同時に、安全性、生物多様性、リクリエーションなどの要求を持続的に満足させることができるのか‥‥などを熟知したエキスパートだ。つまり彼は単なるアドバイザーではなく、現場の実動部隊のリーダーなのだ。

そこで、『近自然森づくり研究会』はスイスのフォレスターやフォレスター学校とも協働して、日本の林業現場で本当に使い物になる森林作業員やフォレスターの養成をする。そして日欧のフォレスターをネットワークして、お互いのノウハウや情報を交換することにより、日本の林業全体(生産、加工、流通、消費のサプライチェーン)を活性化させたい。

今、日本の林業作業員の高齢化が著しい。しかし日本の林業はこれから若者たちにとって魅力的な職業に変わるだろう。スイスのフォレスターはカッコよく、若い森林作業員たちの顔は輝いている。自分たちの職業に愛情と誇りを持っているからだ。
 

『山脇正俊 帰国日程 2014』
全日程:2014年05月10日〜08月20日

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.5』
05月12日(月)〜06月20日(金)

『近自然森づくりワークショップ 都城ステージ』
*05/19(月)〜06/06(金):スイス式森林作業員教育WS(宮崎県 三股山林)

『近自然学セミナー 都城ステージ』
*05/28(水)午後:宮崎県 都城市で公開セミナー「エネルギーの自立は可能だ!」

『近自然森づくりワークショップ 飛騨ステージ』
*06/11(水)〜13(金):近自然森づくりWS&セミナー(岐阜県 高山/飛騨)

『近自然オフ会 in 名古屋』
*06/16(月)18:30〜:ロルフを交えて名古屋市内で
「てしごと屋 名駅店」:http://r.gnavi.co.jp/n038600/

『近自然オフ会 in 東京』
*06/18(水)19:00〜:ロルフを交えて東京都内で
東京駅 丸の内口 丸ビル 5F 「小岩井フレミナール」

『近自然学セミナー 四万十ステージ』
*06/28(土)19:00〜21:00:高知県 高知市 龍馬の生まれた町記念館
『街づくりと林業編』
講演 & 高知市で新高梨を栽培している植田省三氏との対談
*06/29(日)13:30〜16:30:高知県 四万十市 四万十楽舎
『海、山、川につながる村編』
講演 & 地域パネラーとのトークセッション

『近自然学セミナー 島根ステージ』
*07/02 (水)講演&ディスカッション:島根大学『エネルギー・マネージメント』

『近自然学セミナー 岩手ステージ』
*07/12(土) 午後:盛岡 近自然学セミナー

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
07月18日(金)〜24日(木)
*07/19(土)〜20(日):占冠 近自然学セミナー
*07/21(月):宮島セミナー
*07/23(水)18:00〜:『川の会』勉強会
*07/24(木) 13:00〜16:00:北海道工業大学 特別講義

『近自然学セミナー 佐渡ステージ』
07月28日(月)〜08月02日(土)
*SADO専門学校 近自然学講義 & 演習

『リバーフロント研究所 近自然川づくり勉強会』
08月18日(月)
*国土交通省水管理・国土保全局ならびにリバーフロント研究所
近自然川づくり(多自然川づくり)関係者との勉強会
 

スイス・グリーン・フォレスター ロルフ・シュトリッカー氏と
『近自然森づくり』日本ツアー Vol.5

全日程:2014年05月12日〜06月20日
〜合理的で分かり易いスイス式森林作業員教育を体験しよう〜
共催:㈱ 総合農林、近自然森づくり研究会
コーディネーター:佐藤浩行 (yfh731アットマークgmail.com)
*05/19(月)〜06/06(金):スイス式森林作業員教育WS(宮崎県 三股山林)
*05/28(水)午後:宮崎県 都城市で公開セミナー「エネルギーの自立は可能だ!」
*06/11(水)〜13(金):近自然森づくりWS&セミナー(岐阜県 高山/飛騨)

  2014年ツアーのメインイベントも、スイスのフォレスター ロルフ・シュトリッカー氏による宮崎県三股山林における『スイス式森林作業員教育ワークショップ』。2013年はスイスの専門家4人による超パワフルなワークショップとなった。2014年は再びロルフひとりによるワークショップ。じっくりとスイスの森林作業員教育の神髄を見せてもらえた。



『近自然森づくり』スイスツアー Vol.3

全日程:2013年11月30日〜12月11日
〜本場スイスの『近自然川づくり』や『近自然森づくり』を体験しよう〜
共催:㈱ 総合農林、近自然森づくり研究会
コーディネーター:佐藤浩行 (yfh731アットマークgmail.com)
*近自然川づくり・道づくり・まちづくりの視察(1日)
*近自然森づくりの視察(3日)
*マーキング演習(1日)
*ウッドチップによる冷暖房の視察(1日)
*リース、フォレスター養成学校訪問(1日)
*近自然森づくり事業体訪問(1日)
  2013年の近自然森づくりスイスツアーは林業従事者だけを対象とする。
今回のメインテーマは、ロルフ・シュトリッカー氏自身の森づくりを体験し、彼の指導のもとに育成木施行や恒続林施行のマーキング(選木)を実際に演習すること。
また、ウッドチップによる暖冷房の現状を専門家の解説により視察。
さらには、 近自然の川・道・まちづくりの現場を訪ねた。
   


『山脇正俊 帰国日程 2013 その2』
全日程:2013年07月12日〜09月30日

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.4』
07月12日(金)〜08月20日(火)
*07/17(水)〜19(金):近自然森づくりWS&セミナー(岐阜県 高山/飛騨)
*07/20(土)夕:スイス・フォスターと近自然のオフ会(名古屋)
*07/22(月)〜8/17(土):スイス式森林作業員教育WS(宮崎県 三股山林)
スイス式森林作業員教育の基本をロルフ・シュトリッカー氏に見せてもらう、
3年〜5年シリーズの第2回目。昨年の初回が凄かっただけに期待が大きかった。
今年はスイス・フォレスター学校卒業研究生3名とのコラボレーションもあり、
教育内容の多様性とそのクォリティーはケタ違いだった。

『近自然学セミナー 四万十ステージ』
08月31日(土)〜09月01日(日):近自然学 講演&WS
*08/31(土):近自然座談会 その1(高知県 高知市)
*09/01(日):近自然座談会 その2(高知県 黒潮町)

『近自然学セミナー 佐渡ステージ』
09月09日(月)〜09月13日(金):近自然学 講義と演習
*09/09(月)〜13(金):近自然学の講義と演習

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
09月21日(土)〜26日(木)
*09/21(土)〜22(日):占冠 近自然森づくりセミナー&ワークショップ
*09/23(月)〜24(火):猿払 近自然森づくりセミナー&ワークショップ
*09/26(木) 13:00〜16:00:北海道工業大学 特別講義
*09/26(木) 18:30〜:札幌『宮島セミナー』(会場:越山計画)

『近自然学セミナー 岩手ステージ』
09月29日(土)
*09/29(土):再生可能エネルギー フォーラム 2013 in 盛岡



スイス・グリーン・フォレスター ロルフ・シュトリッカー氏と
『近自然森づくり』日本ツアー Vol.4

全日程:2013年07月12日〜08月20日
〜合理的で分かり易いスイス式森林作業員教育を体験しよう〜
共催:㈱ 総合農林、近自然森づくり研究会
コーディネーター:佐藤浩行 (yfh731アットマークgmail.com)
*07/17(水)〜19(金):近自然森づくりWS&セミナー(岐阜県 高山/飛騨)
*07/20(土):飛騨高山高校 近自然森づくりWS(岐阜県 高山/飛騨)
*07/20(土)夕:スイス・フォスターと近自然オフ会(名古屋)
*07/22(月)〜8/17(土):スイス式森林作業員教育WS(宮崎県 三股山林)



『山脇正俊 帰国日程 2013 その1』
日経メッセ特別プロジェクト:
「街づくり・店づくり 未来戦略会議」
〜10年後の「心地よい街」と企業戦略を考える〜
2013年03月05日(火)午前&午後
東京ビッグサイト会議棟7F・国際会議場
[午前:戦略セッション] 09:30〜12:00
基調講演1:「自律化社会時代の街づくり・店づくりを探る」
赤池 学(ユニバーサルデザイン研究所 所長)
基調講演2:「10年後 魅力ある都市にするために」
辻 慎吾(森ビル 社長)
基調講演3:「Eco & Smart Solutionsで目指す将来の家づくり・店づくり・街づくり」長榮周作(パナソニック 副社長)
[午後:オープン・イノベーション・セッション]13:00〜16:30
特別講演1:「10年先の住みたい街をつくるために、企業はビジネス視点をどう変えるべきか」山脇正俊(スイス近自然学研究所 代表)
特別講演2:「10年先の街の姿から予測できる、成長できる企業と新ビジネス」山崎亮(京都造形芸術大学 教授)
フューチャー・セッション(パネル・ディスカッション):
「次世代の街づくりを支えるビジネスシナリオを描く」
ファシリテーター:野村恭彦(フューチャーセッションズ 社長)
パネラー:山脇正俊、山崎亮、鈴木雅穂(トヨタ自動車)
*近自然学の得意分野でもある『まちの活性化』をテーマとしたシンポジウム
*インフォ:http://www.nikkei-events.jp/machi-mirai2013/



『山脇正俊 帰国日程 2012』
全日程:2012年08月01日〜10月31日

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.3』
08月04日(土)〜09月03日(月)
*08/08(水)〜10(金):近自然森づくりWS&セミナー(岐阜県 高山/飛騨)
*08/08(水)&09(木):近自然森づくり山林内ワークショップ(地元関係者のみ)
県職員や森林組合職員など森のプロたちをターゲットにしたワークショップ。
スイス・フォレスターの考えや求めるものが参加にイメージできたかどうか。
少なくとも広葉樹施業のとっかかりは得られたのではないか。
*08/10(金)13:00〜:スイス・フォレスター・シンポジウム(一般参加無料)
飛騨市 文化交流センター スピリットガーデンホール
一般をターゲットにしたシンポジウムだったが、参加者のほとんどは
森林関係者だったようだ。森のプロたちが前日までの森でのワークショップに参加せずに、このシンポジウムだけで満足できるとは思えない。来年以降への課題か。
*08/13(月)〜30(木):スイス式森林作業員教育ワークショップ(宮崎県 三股山林)
スイス式森林作業員教育の基本をロルフ・シュトリッカー氏に見せてもらいました。
3年シリーズの第1回目でしたが、その内容の濃さに驚愕です。
来年以降どう発展するのか、今からワクワクです。皆さんもどうかお楽しみに!
*09/01(土)18:00:スイス・フォレスターとオフ会(東京 赤坂『小鉢や』)

『近自然学セミナー 佐渡ステージ』
09月13日(木)〜09月20日(木):近自然学 講義と演習

『近自然学セミナー 北海道ステージ』
09月27日(木)〜10月07日(日)
*09/27(木) 13:00〜16:00:北海道工業大学 特別講義
*09/28(金) 午後:札幌『新しい森づくりフォーラム』
共催:NPO茨戸川環境市民フォーラム、子どもと作ろう 種から育てる未来の森
*09/29(土)〜30(日):占冠 近自然森づくりセミナー&ワークショップ
*10/03(水):札幌 開発工営社 近自然学セミナー

『近自然学セミナー 名古屋ステージ』
10月15日(月)
*10/15(月) 13:30〜15:30:東海工業専門学校 特別講義

『東京 朝日地球環境フォーラム』
10月16日(火)
(ホテル オオクラ 東京『平安』にて:12:40〜14:25)
*登山家 田部井淳子氏、林業家 中島彩氏とのディスカッション
『近自然学』を柱として、日本の森のこれからについて前向きに建設的に考える

他はクローズのもの



スイス・グリーン・フォレスター ロルフ・シュトリッカー氏と
『近自然森づくり』日本ツアー Vol.3

全日程:2012年08月04日〜09月03日
〜合理的で分かり易いスイス式森林作業員教育を体験しよう〜
共催:㈱ 総合農林、近自然森づくり研究会
コーディネーター:佐藤浩行 (yfh731アットマークgmail.com)

好評のため2年続けた『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー』
の第3弾は、ロルフ・シュトリッカー氏による
スイス式の森林作業員教育を体験できるワークショップ。

*3日間: 近自然森づくりセミナー&ワークショップ(岐阜県 高山/飛騨)
08/08(水)&09(木):近自然森づくり山林内ワークショップ(地元関係者のみ)
08/10(金)13:00〜:スイス・フォレスター・シンポジウム(一般参加無料)
飛騨市 文化交流センター スピリットガーデンホール
http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/gyoji/shinrin-seibi/suisuforesuta-sinpo.html
*3週間:スイス式森林作業員教育ワークショップ(宮崎県都城近郊 三股山林)
(スイス式森林作業員教育の基礎を少人数で体験できます。)



『スイス近自然森づくりツアー 2012』
全日程:2012年06月15日(金)〜06月25日(月)
〜本場スイスの近自然森づくりを体験しよう!〜
主催:近自然森づくり研究会、㈱総合農林
コーディネーター:佐藤浩行 (yfh731アットマークgmail.com)



『スイス近自然学研究所への短期留学』
2012年05月24日〜27日

今年のスイス近自然学研究所への短期留学者は、村井洋平・まな夫妻。洋平くんはギタリスト、まなさんはシンガーソングライター。アジア諸国、ウイーンを経て、現在ベルリンで有機農法と音楽を勉強中。
真合気の稽古、近自然の川づくり、道づくり、まちづくり、森づくりなどの事例視察に加え、仲間うちのパーティーでのプチ・ライブも実現。もちろん我々との近自然に関するディスカッションも夜を徹してたっぷりと。
人生を深く考え、新しい道を模索する2人に、近自然学が何らかの刺激とヒントを与えることができたら幸いだ。



『山脇正俊 帰国日程 2011』
全日程:2011年09月03日〜11月25日

『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー Vol.2』:
09月03日〜28日
*09/03(土):群馬県高山村 覚幸セミナー&ワークショップ
(午前:山林でのワークショップ、午後:群馬パース大学講堂での講演会)
*09/05(月)〜06(火):長野県大町市 荒山林業でのワークショップ
(森林風致計画研究所 清水裕子氏とのコラボレーション)
*09/08(木)〜10(土):宮崎県都城近郊 三股山林でのワークショップ
*09/13(火)〜15(木):北海道函館近郊 木古内山林でのワークショップ
他

佐渡ステージ:10月03日(月)〜08日(土)
*SADO専門学校 特別講義&演習
*佐渡市主催 近自然学講演会
他

名古屋ステージ:10月11日(火)
*10/11(火) 午後:東海工業専門学校 特別講義

東京ステージ:10月17日(月)
*10/17(月) 午後:『自然に学ぶものづくりフォーラム』基調講演
東京 大手町 日経ホール
主催:積水化学、電通

北海道ステージ:10月27日(木)〜11月05日(土)
*10/27(木)午後:北海道工業大学 特別講義
* 10/28(金)夕方:札幌 茨戸川環境市民フォーラムとのコラボレーション
*10/29(土)夕方:札幌 宮島セミナー(講演会)
* 10/30(日)夕方:札幌 簾舞町セミナー(講演会)
* 10/31(月) :せたな 川づくりセミナー(ワークショップ&講演)
* 11/02(水)夕方:札幌 児玉セミナー(講演会)
(スイス近自然学研究所留学生 佐々木遼くんのプレゼンも)
*11/04(金)〜05(土):占冠ステージ(現地視察&講演)
(スイス近自然学研究所留学生 森岡慧士くんのプレゼンも)
他



スイス・グリーン・フォレスター ロルフ・シュトリッカー氏と
『近自然森づくり』日本ツアー Vol.2

全日程:2011年09月01日〜29日
〜新しいスイス式森林管理&林業経営『近自然森づくり』を学ぶ〜
共催:㈱ 総合農林、近自然森づくり研究会
コーディネーター:佐藤浩行 (yfh731アットマークgmail.com)

2010年10月の『スイス・グリーン・フォレスター・ツアー』が好評で、
2011年09月にさらに内容を深めて再び実行する。
*09/03(土):群馬県高山村 覚幸セミナー&ワークショップ
(午前:山林でのワークショップ、午後:群馬パース大学講堂での講演会)
*09/05(月):長野県大町市 荒山林業でのワークショップ
(森林風致計画研究所 清水裕子氏とのコラボレーション)
*09/08(木)〜10(土):宮崎県都城近郊 三股山林でのワークショップ
*09/13(火)〜15(木):北海道函館近郊 木古内山林でのワークショップ


宮崎山林内でのワークショップ&演習のもよう (2010年10月)
新しい森林管理や林業の体質改善などの原則の説明と同時に、
育成木・伐採木のマーキングなど実戦に則した演習も行われた



文責:山脇正俊
『近自然学・ 近自然工学』研究・啓発
スイス近自然学研究所代表 
北海道科学大学客員教授 
スイス連邦工科大学・チューリッヒ州立総合大学講師:武道
『近自然森づくり研究会』特別顧問
環境・オーディオ  コンサルティング 

ご意見、ご質問はE-mailでお願いします。
http://kinshizen.moo.jp/homepage/kinshizen-jp2.htmlhttp://kinshizen.moo.jp/homepage/kinshizen-jp2.htmlhttp://kinshizen.moo.jp/homepage/rolf_stricker-jp.htmlhttp://kinshizen.moo.jp/homepage/rolf_stricker-jp.htmlhttp://r.gnavi.co.jp/n038600/http://www.nikkei-events.jp/machi-mirai2013/http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/gyoji/shinrin-seibi/suisuforesuta-sinpo.htmlhttp://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/gyoji/shinrin-seibi/suisuforesuta-sinpo.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1shapeimage_6_link_2shapeimage_6_link_3shapeimage_6_link_4shapeimage_6_link_5shapeimage_6_link_6shapeimage_6_link_7

撮影:DER LANDBOTE誌 2008年、スイス・チューリッヒ州リコン村のスイス近自然学研究所にて

 

近自然インフォメーション


 
 
Made on a Mac